貧血からくる疲れやだるさに効く「ビイレバー錠」

10代のころから貧血気味で、疲れやすい体質でした。
40代に入ってからは、毎朝起きるのも一苦労だし、仕事に行ってもバテ気味でどうしたものかと悩んでいました。

いつもは、疲れに効くと宣伝されているので「アリナミン」などを飲んでいたのですがどうも効果が感じられなくて、いいものはないかとドラッグストアで相談してみました。
お店のスタッフの方に聞いたところ、どうやら貧血気味なことも疲れやすい原因になっているのでは?・・・とアドバイスいただきました。

そこで、ビイレバー液という肝臓の疲れをとりつつ体の疲れをとるドリンクを試飲させてもらいました。
ビイレバー液は、貧血の人にも効果大だとか。
しかし、一口飲んでその甘ったるさ、レバー風味のしつこさがどうにも口に合いませんでした。

「液体が苦手な方には、錠剤タイプもありますよ」と勧めていただいたのでとりあえずそちらを購入してみることにしました。
錠剤なのでにおいとか、味は気にすることなく飲めるのがうれしいです。

一日三回を三錠飲むので、ピルケースに入れて仕事場にも持って行っていきました。
とにかく飲み忘れがないようにきちんと、一か月は飲んでみることにしました。

飲み始めて1週間ほどで、朝の起床が驚くほどスムーズになりました。
早く寝ても、どうしても取れなかった体のだるさや疲れがスッキリ目覚めることで、感じられなくなりました。

嬉しいことに、冬場は靴下を履いて眠らなければならないほどの冷え性でしたがビイレバー場を飲み始めてから、体温がぐっと上がり冷えに悩まされることもなくなりました。

職場の方が、次々に風邪をひいていく中私一人が元気に過ごせているので、肝臓が元気だと免疫力すら上がるのだと感心しています。
貧血気味で、疲れが取れないという方にはおすすめの錠剤です。

PR:http://www.archilogis.com/・・・40代の黒酢サプリ

Comments are closed.