プチプラを極めたらプチプラではなくなりそう

私にとってスキンケアは、とにかくお金をかけないでできることが大事です。
とはいってもコスメを買わないというわけにもいかないので(メイクをしない時期もあった)、以前よりはお金をかけてケアをするようになりました。
とはいえ、今でもプチプラなどの言葉を見ると、その言葉が書かれた記事に目がいきます。
最近見つけたプチㇷプラなスキンケアは炭酸水を使ったスキンケアです。
いつもお水でしている洗顔を炭酸水で・・それだけでお肌が変わるのならすぐにやらないと、そう思ってすぐにペットボトルの炭酸水を買って実践しました。
でも、これが思ったほど簡単ではないとすぐに気づきました。
炭酸水は、ふたをあけたらすぐに炭酸が抜けていきます。
なので最初の1回目の洗顔と2回目の洗顔では、炭酸の量が全然違います。
いつでも豊富な炭酸が入った炭酸水を使うために、家で炭酸水が作れる機械を購入するといいのかもしれませんが、これだとプチプラにはなりません。
炭酸水を飲むのが好きで、体にもいいらしいので家に1台あってもいいですけど、お安くないので購入はしていません。
炭酸水はスキンケアだけじゃなくヘアケアにもいいらしいですし、炭酸水を作れる機械があればどんどん使いますけど、やはり値段が・・。

プチプラを目指していても、その方法を極めようと思ったらけっこうお高くなる、ということはよくあることかもしれません。
それともプチプラでケアをしようというのが間違っているのでしょうか。
自分のスキンケアにつしてあらためて考えたくなりました。

Comments are closed.