妊娠したのをきっかけに濃くなった産毛

もともと体毛は全体的に薄く、気にして処理していたのは足の毛くらいでした。

30歳を目前に妊娠を経験し、その妊娠をきっかけにお腹の毛がだんだんと濃くなって、お腹全体に体毛が生えてきました。

妊婦健診でエコーを見る時は赤ちゃんの成長を喜ぶ反面、濃くなったお腹の産毛を恥ずかしく感じていました。

お腹の赤ちゃんを守るための自然現象なのだと理解していましたが、一度気になりだすと「まっいいか」とは受け止められませんでした。

その後出産を終えても、濃くなってしまったお腹の産毛は元に戻って薄くなるわけもなく、お腹を守り続けています。

服を着ていれば見えない部分で、さらに他人にはほぼ見られる部分でないことは分かっているのですが、お風呂に入る時や着替える時などにどうしても気になってしまいます。

妊娠中はお腹の赤ちゃんが気になり剃ることはしませんでしたが、出産を終えた後からは足を処理していたカミソリを使って3日に一度のペースで処理していました。

カミソリでの処理を続けていると、どんなに保湿しても敏感肌のお腹は荒れてしまいました。

次に除毛クリームを使ってみましたが、やはり肌荒れが気になりました。

濃い毛だとうまく剃れずに残ってしまうことも多くあり、やめてしまいました。

もしエステなどで、お腹の産毛の脱毛ができるのであれば挑戦してみたいと思います。

 ☆子供のムダ毛処理

プロの方に相談することで、自分の肌の状態を知ることができるのはとても心強いことです。

自己流で処理するよりも肌のケアをしっかりしているはずなので、一度は脱毛を経験してみるのもいいと思います。

Comments are closed.