潤いとさっぱりの両立の難しさ

これから暑い季節になり、これまでのスキンケアではどうしてもベタベタする感じが気になります。

そこで季節に合わせてスキンケアも変える必要性が出てくるのですが、どのようなものを選べばいいのかでいつも悩みます。

私の場合は一年を通して普段からの悩みの種が、毛穴の開きと黒ずみです。
夏は暑いので毛穴の開きが特に気になります。
それに加え最近では、肌のゴワゴワ感とクリームを塗った時にそれが剥がれて手につくことが気になり何かいい商品はないかと探し求めています。

毛穴を引き締めるために収れん化粧水とかを使用すると、潤いが足りないようでカサカサしてしまいます。

潤いの方を優先させてしまうとベタベタしすぎてしまい、それほどお肌が潤っていないようで朝起きるとベトつくけど乾燥しているような状態です。

私の理想とするスキンケアの条件は、アンチエイジング効果があり毛穴のケアができて潤うものがいいと思います。

アンチエイジングを考えるようになったのは、以前使用したことがあるスキンケア用品をまた使用してみようと思った時に、今の肌に合わないと実感したからです。

年齢を重ねるにつれて様々な肌トラブルがでてきたことで、それに合わせてケアも変える必要があるのだと思いました。

夏だからと手を抜いたスキンケアではどうしても乾燥してしまうようになり、潤いとさっぱりの両立が難しいことなのだと感じています。

最近ではセラミドが配合された商品が気になっているので、そういった商品をこの夏に試してみようかと思っています。

紫外線対策としては肌に塗る日焼け止めとサプリメントを併用すると効果的です。飲むサプリメントというキャッチフレーズで売り出されています。(日焼け止めサプリ

夏のスキンケアは紫外線対策が非常に大事ですからね。

Comments are closed.